前回の記事で初期の水槽設置に向けて一通りこれだけ買えば大丈夫だろうと思える購入リストを書きました。
・エアーポンプ ブロワー(大型ポンプ)

これは、エアレーションするためのポンプで、通常は一つの水槽に対して一つのポンプをつけるのでしょうけど、GUPPYの場合はとにかく小さな水槽が数多くなります。
20年前もその沼にはまって、今回はできるだけ増やさないぞという信念のもと30センチ×3、45センチ×1という数に収めました。
それでも4本になるということは、ポンプも4つ必要になります。

今後水槽が増えるたびにポンプを増やしていくのであれば堪らないということで、ポンプは大型のものにしました(増やす気満々なんじゃないのか?)

水槽+エアレーション+温度管理(ヒーター)がセットなんですが、当初はヒーターは入れないでやっていこうと思っていました。
理由はポンプの時と同じで、水槽が増えるたびにヒーターも増やすのは大変だなと。
冬だけの話なので部屋の中の温度を少し上げておけば大丈夫かと思っていました。
少しずついろんなサイトを読ませていただいているなかで、ヒーターは結構重要で温度を26度前後に保つのが基本だと書いている人がほとんどでした。

20年前の自分はというと、確かにヒーターはありました。でも1本1本すべてに使っていたか?というと記憶は定かではありません。

そして結局、ヒーターも追加するのでした。

30センチ水槽を1本増やすとした場合の予算(増やす気満々?)
水槽(1500円前後)、フィルター(800円前後)、ヒーター(1700円前後)つまり4000円の投資で1本増やすことができる計算です。
エアポンプはおそらく30本でも対応できそうで、いくらなんでもそこまで増えることはありえないことです。