水槽立ち上げから約3か月経過しましたが、その間フィルターを底面にしたりスポンジにしたりまた戻したりを繰り返しすぎて水が全然安定しません。
自業自得なのですが、魚に負担がかかるんだなと実感しています。
もう底面から変えないぞという気持ちでいますが、最後に底面フィルターにしてから約3週間ぐらいが経過しました。

そろそろ安定してほしいと思いますが、突然魚が調子を崩したりします。
一旦調子を崩すと復活するのはなかなか難しくて、他の魚にも移りそうでドキドキします。

メスはなんとか順調ですが、オスばかりが調子を崩します。
一番最初の仔、3/16生まれと3/31生まれのメスが同腹のオスと交配ができるサイズになるまで何とか持ちこたえて欲しいです。

5月24日のドイツイエロータキシードリボン、5月28日のRRE.Aフルレッドはプラケースで飼育していますが、こちらもあまり順調ではありません。
この世代はあきらめた方が良いのかなとさえ思います。
気温が上がってきましたが、水温がそんなに上がっている感じでもないしなんだろう。

ドイツイエロータキシードリボンは今週末にでも次の産仔が迫っているのでそちらはしっかり育てていきたいと思います。